蜂の子は、食品から摂取すれば、含まれる栄養素を丸ごと取り入れることができます。ただ、効率よく体内に吸収するには、分子を小さくしたり、他の栄養素と合わせて摂取したほうが良い場合もあります。また、献立の1品なので、1度に食べられる量は限られています。蜂の子に含まれる栄養素をできるだけ多く体内に取り入れるには、サプリメントを利用すると簡単です。サプリメントなら、携帯できますし、飲む時間や場所を限定しないというメリットもあります。ただ、メーカーにはそれぞれ独自の製品の特徴を持たせてあるので、主成分の蜂の子の量、副成分の種類などによって得られる効果が変わってきます。確実に効果を得るためには、選び方の基本を踏まえておくとよいでしょう。

最も大切なポイントは、主成分の蜂の子が多く配合されていることです。蜂の子には必須アミノ酸・非必須アミノ酸が合計で18種類含まれています。アミノ酸は、たんぱく質の合成をサポートしたり、内臓や筋肉など体の多くの部位の正常な働きに不可欠です。天然成分なので1日の摂取量に制限はありませんが、複数のサプリメントを確認すると1日分600mgから2300mg程度と含有量には大きな幅があります。蜂の子の量からだけでは選ぶのが難しい場合には副成分の内容で選ぶと失敗がありません。また、主成分の蜂の子は雄である方が望ましいです。雌よりも雄が栄養分が豊富に含まれているのが理由で、しかも生後21日目がベストと言われています。さらに、サプリメントに配合している成分は、酵素分解によって低分子かされていることも大切なチェックポイントです。分子ができるだけ小さい方が、体内への吸収力が良いというのが理由です。継続して利用することを念頭に入れて、無理なく続けられる製品を選ぶことが大切です。
あわせて読むとおすすめ⇒乳酸きんぐセレクト!乳酸菌サプリメントの比較ランキング!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *